【プロフィール】timcoってどんなヤツか興味ある方、まずはここを見てほしい

profile_title




 

このブログに訪れてくれてありがとうございます。わたくし、timcoともうします。

timcoはアメリカ産のブドウで、「種無し、皮が薄い」のが特徴。

種無しって「自分の遺伝子を次に残す事が出来ない」事を言います。動物ので考えると何か分かりますか?

 

つまり、私は「無精子症」です。

 

timcoの詳細。

 

  • ペンネーム:timco
  • 性 別:男
  • 年 齢:26歳
  • 職   業:IT系のリーマン
  • 趣 味:・ブログを書く事
  • 音楽(JUDY AND MARYが大好き)
  • 漫画
  • 妻とディズニーに行くこと。嫁LOVE。

 

僕ははごくごく一般的な家庭に生まれました。

中流の高校、大学に行き、一般的な中小企業で働いています。
結婚もする事が出来、ささやかながら幸せな生活を過ごしていました。

「あと少ししたら、子どもが生まれて、気づいたら定年で」
「孫も生まれて、死ぬ時はポックリ逝きたいな〜」

とのんきな人生観を持っていました。

 

そう、あの日までは。

 

精子0宣告 〜人生観が180度変わった運命の日〜

ぼくたち夫婦は「不妊治療を始めよう」と病院にいったわけではありません。
妻と一緒にいった産婦人科医の先生に言われたのがきっかけです。

せんせい
奥さんの検査と一緒に、旦那さんもやっておく?

 

年齢的にもまだ若かったし、そのときは自分に精子がいないなんて考えてもみなかったので

 

timco
やってみます(ネタになるやろ・・・)

 

精子採取室もちょっと興味あったので、「飲み会でのネタになるだろう」みたいな
正直軽い気持ちで受けました。

 

30分後くらいに先生に呼ばれ告げられました。

 

先生
奥さんの方は見たところ問題ないですが、夫さんの方の結果が悪いです….検査の結果、精子0です

 

この時の衝撃は、死ぬまで忘れることはできません。

 

timcoの現在と、ブログを始めた経緯

結論から申しますと、ぼく達の不妊治療は終わりました。

 

ぼく達夫婦と血のつながった子どもは、現代の医学では持てません。

 

他の人から見たら、この結果は幸せではないかもしれません。でも、

 

  • この結果に至るまでに夫婦で話し合った事
  • 今後の生き方についての考えたこと

 

については、非常に大きな経験が出来たと今では思います。僕たちは、「里親・養子縁組」という答えを出しました。

 

この結果が出るまでに、多くのサイトやブログを拝見しました。様々な夫婦が、様々な答えを出されていました。

 

ただ、残念だったのは不妊治療や、里親・養子縁組の制度について、男性側の目線から語るブログがあまりなかったことです。こうした現状を知ってほしいと思い、ブログを書こうと決めました。

 

ブログに書く内容は不妊治療の事だけではありません。自分の趣味・考え方についても発信していきます。

 

このブログを読んでくれた方が、男性不妊や里親・養子縁組について少しでも興味持ってくれたらという想いで発信していきます。

どうぞよろしくおねがいします。

 

広告・アフィリエイトリンクについて

・プログラム

「おうちにかえろう」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Google AdSense

当ブログは広告サービス「Google AdSense グーグルアドセンス」を使用しています。

Google AdSenseはユーザーの興味に応じた広告を配信するためにCookieを利用しデータを収集しています。Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は広告 – ポリシーと規約 – Googleをご覧ください。

 

 




2 件のコメント

  • まだお若いのにご苦労されましたね。私は奥さん側の立場です。
    自分の母性本能に負けてかどうか、AIDをしています。批判ももちろんあると思います。養子縁組も考えましたが、AIDを勧めたのは、夫でした。それが私に対しての夫の気持ちだったと今では思います。
    私達夫婦は 年齢的にリミットが近づいていますが(子供を持つということに関して)timcoさんはまだチャンスがあると思います。応援しています。

    • みつこ様
      ブログへのコメント誠にありがとうございます。
      私達は里親/養子縁組という道を選択しましたが、AIDを選択された事を誰かに意見を言われること、ましてや批判出来る事は無いと思います。
      私達は今、不妊治療は終え里親として子どもを育てていますが、不妊治療という経験をしたからこそ、この子に会えたと今では
      感じる事ができるようになりました。
      また、ブログをお読み頂けるように頑張ります。お読み頂きありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です