不妊治療を妻だけにさせている夫は、早く男性側にも原因があることに気付け




こんにちは、timcoです。

男性の皆さん、結婚して普通に夫婦生活していれば子どもが出来ると思っていませんか?

結婚したら子どもが出来る事は当たり前のことじゃない

ぼくは不妊治療を経験する前まで「結婚したらこどもができること」は当たり前のように考えていました。

もちろん不妊治療という言葉は知っていましたが、正直いって年齢的にもまだ若かったので、

「自分は大丈夫だろう」と思っていました。

でもその考えはとてつもなく甘かった。

「とりあえず、奥さんの検査からやってもらえばいいや」と思っている男がいたらぼくは全力で説得したい。

「その根拠のない自信はどっからくるんだ?」

不妊の原因は半分は夫側にある

ここ数年でだいぶ認知されてきたとは思いますが、不妊の原因は半分以上は男側にあります。

でも、一般世帯※特にぼくの親世代以上(50歳以降~)の意識は圧倒的に「不妊は女性」側に原因があるという認識が強い。

ニュースでも「あの芸能人夫婦は不妊治療中!」とやっていることもあるけど、基本的には女性側だけスポットを当てている事が多いし。

やっぱり僕の周りでも「治療はまず女性から」って意識の男が多い。

なんで?

もしかして「男のプライドが・・・・」とか思ってるんでしょうか?

そんな考えはいますぐ捨てましょう。

プライドなんか関係ない。検査を受けよう!

あなたが検査をうければ、どんな結果であれいろんな選択肢が見えてきます

  • もしかしたら、精子が元気じゃないかもしれない
  • もしかしたら、精子が動いてないかもしれない
  • もしかしたら、精子が正常な形をしていないかもしれない
  • もしかしたら、精子がいないかもしれない

だけど、それぞれに応じた治療法が今はあります。

一歩前に進めるんです

検査を受けたことで、精子が「0」が発覚したぼくですが、それは後退ではなく前進できたことなんだと今は思えます。

不妊治療は子どもができることがゴールではないです。

夫婦2人が納得できる答えが出せた時がゴールです。

でも、男がプライドなんか捨てて検査を受けなければ何も始まりません

1日でも1ヶ月でも1年でも早く検査を受けて、前進してください。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です