【過労死は殺人】仕事で働き過ぎだと思ったら自分の人生の優先順位を考え直そう




こんにちは、timcoです。
電通の新入社員過労死事件から、これまで以上にニュースに取り上げられる事が増えた
「過労死」という殺人事件。みなさんが勤めている会社は大丈夫ですか?

なぜ過労死は起きるのか?

 

ぼくは、過労死は一種の殺人だと考えています。

なんでこんなにも過労死が起きてしまうのか。

日本の過労死の件数

厚生労働省が発表しているH27年度の労働災害件数は以下の通りです。

出典:厚生労働省

 

この数値をみると、

一日に一人は過労死で死んでいるんですよ。

 

なぜ、死ぬまで働くのか?

家族のため?
やりがい?
会社に迷惑がかかるから?

 

でもさ、でも!

死んだら何にもならないじゃん!

 

私が死んでも代わりはいるもの・・・

 

わたしは会社という組織で働く上でこれは絶対に変わらないんだろうなと思っています。

だってさ、総理大臣だって死んだらすぐ代わりがいるんだよ?
最初は驚くかもしれないけどさ、きっと半年後にはなんだかんだ上手く回っちゃうんだよ。

 

ぼくが偉そうに言える身分でもないです。上から目線ですみません。
会社をやめる事がリスクなる事。
「今の会社をやめたら、次の仕事はどうしよう・・・・」と心配になる気持ちも凄い分かる。

 

あなたの仕事は、あなたにしか出来ない事ですか?
でも、その仕事は家族との時間を犠牲にしてまですることですか?

 

それより、自分にしかできないことを考えましょう

 

・妻がいる人は、あなたしかその人の「夫」という仕事はできません。
・子どもがいる人は、あなたしかその子の「父親・母親」という仕事はできません。
・両親がいる人は、あなたしかその人たちの「子ども」という仕事ができません。

 

 

大事な人たちの顔を思い浮かべてください。
その人たちはあなたが過労で倒れることなんて望んでいません。
あなたの健康を願っているんです。

 

働くなということではありません。
でも、ちょっと働きすぎかな?と思った時、自分の人生の優先順位は何なのかを考え直す時間は絶対に必要です。

もし、自分の周りに「ちょっと働き過ぎかも・・・」っていう人がいたら無理にでも病院とか連れて行ってあげてください。

その人自身やその家族の人生を守る事ができるかもしれません。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です