キャリア(Docomo)から格安SIM(楽天モバイル)に変更したら1年間で18万も得した話。デメリットもあるけどメリットが大きすぎる。




こんにちは、timcoです。

 

ぼくたち夫婦は楽天モバイル愛用者です。
2016年5月にドコモから変更し、1年経ちました

 

お金かからないです!キャリア使うより18万得しました!

 

もちろん、メリットだけでなくデメリットも多いけど18万てヤバいよね
格安SIMに変えるまでの経緯とメリット・デメリットについてまとめてみた。

 

格安SIMのメリット・デメリット

格安SIMにしたキッカケとメリット

ちょうど、ぼくも妻もキャリア携帯の更新時期が近づいていた時期だった。

楽天モバイルも2014年からサービス開始して1年くらいたったときだから、サービスも充実してきていたと思う。

もともと、ぼくたちはかなりの楽天ヘビーユーザーでもあった。
※公共料金や携帯電話も楽天から引き落としているww
楽天モバイルを契約していると、楽天ポイントが+1倍になるのだ。
これも他の格安SIMではなく楽天モバイルを契約した理由である。

メリット①携帯にかかるお金が安すぎ

格安SIMにする最大のメリットはこれである。

ドコモを使用していたときは2万円
それが、夫婦2人で5千円になったのである。

 

ドコモを1年間使い続けていれば、2万×12ヶ月=24万円
格安SIMを1年続けた結果、5千円×12ヶ月=6万円
18万得してます!(※MNP発行手数料や契約手数料は除く)

 

メリット②既存端末が引き継げる

もともとドコモのiphoneユーザであったため、端末をそのまま使用できる事も大きかった。

auやsoftbankユーザでも、2015年5月1日以降に発売されたiphoneであれば、使用できる事もアナウンスされている
出典:楽天モバイル

メリット③外出先で携帯を見なくなる

回線速度は調べたが、正直そこまで気にはならない。
格安SIMにする分には「回線速度は遅くなる」っていうのはしょうがないと思ってたので。

 

家で使用する分にはwi-fiを使用するし、
通信料の多い動画は外では見ないようにしていた。
基本的に外で使用するのはLINEやSNSくらいであったため、
そこまで通信料は必要なかった。

 

「格安SIMは通信が遅いから」ということが始めから分かっていれば、
外では本をみたり、歩きながら携帯を見たりという事がなくなる。
これも大きなメリットだった。

 

格安SIMのデメリット

ぼくは正直、そこまで格安SIMにデメリットは感じておらず、
むしろ、「なぜもっと早くやらなかったのかな」と思ってます。

一般的には以下のようなデメリットがあります

キャリアメールがつかえない

みんなが格安SIMを使う上で悩むのはここではないですか?
「@docomo.ne.jp」が使用できなくなるんですよね
キャリアメールずっと使っている人ってアドレスに愛着ある人もいるし。

 

でも、今ってほとんどLINEじゃない?
格安SIMにしても、LINEは使用できます。
設定しているメールアドレスをフリーメールにすれば良いだけ。
ぼくはGmailにしました。まったく困っていませんよ

 

故障時のサポートが低い

格安SIMの会社は店舗を持たず、ネット上で契約まで出来る事で人件費押さえてます。
その分、大手キャリアと比べてサポート体制はやっぱり薄いです。
不明点とかはサポートに聞けばすぐ答えてくれますしね

 

ただ、これはiphoneユーザであるぼくの感覚ですが、
iphoneのハード故障時の保証はキャリアだろうが格安SIMであろうが、
そこまで金額変わらないんですよ。
iphoneが壊れた場合の正規修理はすべてApple代金です。
なのでiphone使う場合は、そこまでサポートに関するデメリットないかも。

iphoneの場合、困ったときの対処法はネットにたくさんありますしね。

 

まとめ

お金がすべてではないですが、かなり家計の助けになりますよ。
細かく見れば契約解除料とかMNP発行手数料も必要になりますが、
長期的に費用を計算すれば必ずプラスになります。

 

格安SIM会社は沢山あるので、一番メリットある会社を選んでみてください。

※おまけ

格安SIMにして家計が得をしたからといって、夫のお小遣いか増える訳ではありません・・・

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です