【映画レビュー】マイ・インターンを観たら、ハンカチを2枚持ちたくなった理由




こんにちは、timcoです。
今日の映画レビューは「マイ・インターン」です

マイ・インターンってどんな映画?

出典:WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC

 

まず、見た事のない人に言っておきます。

 

現実はこんな事ないと思うけど、おもしろいよ!

 

見て損はない映画だとぼくは思う。
では、詳しくレビューしてみよう!

 

あらすじ

あらすじを簡単にまとめると

急成長しているファッションサイト会社の女性社長のジュールズ(アン・ハサウェイ)に、70歳の新人ベン(ロバート・デ・ニーロ)がインターンでやってくる

最初は周囲も期待していなかったが、彼の人となり・性格や振る舞いに影響され、会社やジュールズ自身も変わっていく。

仕事に忙しく、そのせいで自身の家庭が上手くいっていなかったジュールズだが、ベンの言葉や行動に後押しされ、家族と向き合い、本音で話し、成長する。

 

という物語だ。

マイ・インターンのみどころ

この映画はテンポが良い。
場面が切り替わるのが早いので、見ていて飽きがこない

 

また、結婚して家庭を持っている女性は共感する部分がとても多いのではないだろうか?
仕事も家庭も両方こなしているのが現代の女性である

 

現代女性はほんとうに忙しいと思う

ぼくの会社にも遅くまで仕事して、小学校にあがる前の子どもを育てている女性がいるが、
素直に尊敬している。

 

ジュールズはそんな現代の女性なのだ。
仕事に打ち込めば打ち込むほど、家庭がおろそかになってしまう。
自分が必死に作ってきた会社を犠牲にするのか、家族との時間を犠牲にするのか
悩んでもすぐには答えなんて出そうにない。

そこに観た人は共感する。

 

ベンが紳士すぎる

この映画の一番の魅力はベンでしょうね。
実際はこんなデキる70歳はいないでしょうww
そりゃ、ロバート・デ・ニーロですからね。
色気は半端ないですよ。

 

入って早々に同僚皆の信頼を得て、
新たなパートナーも見つけて
社長のアシスタントとして公私ともに絶妙なフォローをする

 

まぁ、こんな70歳いねーわ!

 

でもね、別に映画にリアルはもとめてない。

やっぱね、ロバート・デ・ニーロの色気が半端ないんです。

・スーツ姿
・女性のエスコートの仕方
・でもどこか可愛さがある仕草

 

ベンの70年間の経験や人生観からジュールズも自分の人生を大きく変化させれられる

 

この映画は、悪人はいないし(浮気はするけど)、恋愛映画ってわけでもないけれど、
観て後はほっこりするよ

まとめ

多分ね、この映画を観た後の男は必ずこう思うと思う

「明日っからハンカチは2枚もっていくか」

なぜかって?

 

「一枚は女性の涙を拭うため」

 

だから。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です