ぼくがコンタクトからメガネ男子になった理由。コンタクトの眼への影響がデカすぎる。




こんにちは、timcoです。
実はぼく、巷で人気のメガネ男子です(`・ω・´)キリッ

出典 ameblo.jp

 

そんな、メガネ男子のぼくが言いたい事!

 

 

コンタクト、こわくね???

 

 

ってことです。

コンタクトレンズを目に入れる事

コンタクトを使用しない訳ではないんですよ。

今の使用頻度は年に1回〜2回くらいです。

使用するときは、スポーツをするとき・・・くらいですかね。
基本、インドアなのでがっつりスポーツをすることってあまりないんですが。

 

でも、大学生の頃は毎日コンタクトの生活をしてました。
理由はモテたかったんでしょうね。
中学生の頃からずっとメガネなので、自分としては

 

メガネ=かっこいい

 

とは思えなかったんですよね。

だから、大学では髪とか服装とかも気を使って、
メガネもやめてコンタクトして・・・・と

完全に大学デビューです。

 

でも完全に見落としていた決定的な事実がひとつ

 

メガネ外したからと言ってイケメンではない

 

 

・・・話がそれましたがもともとコンタクト使用者ではあります。
そんな自分が、コンタクトの使用を控えるようになったのは大学3年くらいからです。

 

コンタクトを常時使用しないようになったキッカケ

大学3年生までは基本的にコンタクトは毎日使用していました。
飲み会とかで帰ってきたら、コンタクトを外さずにそのまま寝てしまったりとか・・

 

そんな生活続けていたら、ふとしたときに目が痛くなり始めたんですよ
「おかしいな〜」と思って、眼下検診に行きました。

 

そしたら医者に

 

「角膜傷ついてるよ。常時コンタクトはやめた方がいいよ」

 

と言われました。

え?角膜
なにそれヤバくない?

 

そこから調べましたよ。コンタクトレンズの悪影響を。

 

コンタクトレンズのデメリット(気をつけなければいけない事)

コンタクトレンズのデメリットは、なんといっても目に直接くっつけること。
そこから生まれる弊害が大きいんですよ。

角膜への影響

さっきも書いた「角膜」という組織は、ものを見るためには必要不可欠な組織です。
ただ血管が通っていないため、角膜の表面から酸素を得る必要がある
ただ、コンタクトレンズをしているとその呼吸がうまくできなくなります。

 

気軽に買えてしまう

コンタクトレンズって医療用機器なんですよね
だけど、誰でも気軽に買えてしまうんですよ。

医者は「コンタクトを使用しても良いですよ」って許可を出すけど、
その人の生活習慣なんて分かりませんよね?

 

コンタクトレンズを毎日使用するなら、
毎日、綺麗な清潔な手で着脱を行い、
定期的に検診にもいくような人でないと正しくは使用できないと思っています。

ぼくはマメなタイプではなかったので、眼へダメージを与えてしまいました。

 

子どもへの使用方法

そう考えると、子どもがもし「メガネはかっこわるいからコンタクトにしたい」って言ったときにどうするか?って悩みますよね。

 

普段から眼が悪くならないように生活する事はもちろんですが、

「メガネはかっこわるいことじゃないんだよ」と肯定したり、

 

たとえコンタクトを選択としたとしても定期的な検診や清潔な手で着脱を行わせるなどを教える事は大変重要だと思います。

まとめ

世間では「メガネ男子って良いよね」って風潮があるみたいなのでよかったです。
※ただしイケメンに限るっては知っているよ

コンタクトのすべてを否定する訳ではもちろんありません。
ただ、コンタクトの正しい使用方法を確認しなきゃなと!

自分の体を守れるのは自分だけです!

 

それでは!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です