男のおいなりさんが外側についている理由と、男性不妊への影響について




皆様、なぜ男性の金○袋って外側にある理由て考えたことありますか?

思い返してみてください。
人間だけではなく、他の哺乳類の金○袋も外側にありますよね?
ゾウ、ライオン、キリン、ゴリラ・・犬、猫、ネズミ


基本的に哺乳類のオスは外側についてますよね?

なぜ金○袋は外側なのか?

心臓や肺・肝臓などは他の臓器は体の中にあるのに、なぜ金○袋は外側なのでしょうか?
生物学的にとても重要な理由があるってご存知ですか?

 

男性だけではなく、女性にも見てほしい内容です。
※以下、金○袋は「おいなりさん」と書きます。

精子はおいなりさんによって守られている!

実は、精子って熱に弱いんです。

 

人間の体温は平均で36度くらい。
精子をつくる元となる細胞はそれよりも低い34度~35度くらいでないと生存できません。
※精子をつくる細胞は金玉に存在してます。

 

だから、体の内部に金玉が存在していては熱が高くてうまく精子がつくれません。
そのため体の外部においなりさんは存在しているのです。

 

夏の暑いとき、おいなりさんがびろ~んて広がりませんか?
これは少しでも金玉を身体から離して、温度が上がらないようにしているんです。

冬の寒いとき、おいなりさんが縮こまりますよね?
これは少しでも金玉を身体にくっつけて、温度を一定に保とうとしているんですね

 

外気温によって収縮して、精子を守る・・・
おいなりさんがシワシワなのはちゃんとした生物学的理由があるんです。

 

精子をつくる上で気を付けたいコト

おいなりさんにとって、熱は大敵ということはわかって頂けたと思います。
そこで、おいなりさんを守るために気を付けたいことを紹介しましょう。
男性不妊にも大いに関係ありますよ!

インフルエンザ、おたふくかぜには要注意!

おとなになってからインフルエンザやおたふくかぜにかかった経験はありませんか?


インフルやおたふく風邪は、かなりの高熱が出ます。
40度くらいでますよね?

 

これ、おいなりさんにはメチャクチャ危険です。
40度の熱がずっと出てれば、いくら体の外についているおいなりさんでも
熱が高まり、精子細胞が全滅・・・ということにもなりかねません。

 

大人になってからのインフル・おたふく風邪には十分気を付けましょう!

 

デスクワークでの座り方

デスクワークの座り方も一度見直してみてください。
足のモモの間で長時間おいなりさんをはさむ形になっていませんか?

モモの間ではさまれて、おいなりさんの温度が挙がって高熱になっていませんか?
精子をつくる観点から言えば、これも要注意です。

適宜休憩を取って、熱を解放してあげましょう

ボクサーパンツは熱がこもりやすい

ボクサーパンツって足にぴっちり着ますよね?
そのため、熱がたまりやすいんです。これが夏だともっとヤバい
股間まわりがかゆくなります。

 

精子をつくる観点から言えば、ボクサーパンツではなくトランクスをお勧めします。
暑すぎる日はノーパンでも良いかもしれません

 

風呂につかりすぎも良くない!?

普段、お風呂にどのくらい浸かっていますか?
お風呂の温度は大体40度前後ですよね?

俺は江戸っ子だから熱いお湯じゃなきゃダメなんだぜ

 

熱いお湯が好きな方もいるでしょうが、おいなりさん的には要注意です。
長風呂には気をつけましょう!

まとめ

おいなりさんへの注意事項をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
まぁ、、、無精子症のため、ぼくのおいなりさんは守るものがなかったわけですが・・・

 

注意事項は色々並べてみましましたが、もちろん上記の事を経験されていても問題なく
精子がつくられる方だっています。むしろ、そっちの方が多いでしょう。

 

でも普段の生活で、もしかしたら男性不妊に繋がる習慣もあるかもしれないんです。

 

男性だけではなく、パートナーがいる女性へ
おいなりさんは大切にね!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です