地域共生社会とは?これからどんな改革がされるか、実施する上での課題をまとめてみた




 

みなさん、地域共生社会ってご存知ですか?
読んで字のごとく「地域で助け合って、みんな一緒に生きよう」って社会ですね

例えば、
もし、あなたやその家族が介護が必要になったら「介護保険」制度を利用します
もし、あなたやその家族が精神障害や身体障害となれば「総合支援法」を利用します
もし、あなたやその家族が18歳以下であれば「児童福祉法」で守られています。

 

色んな制度で、現在の社会は成り立っています。

ただ、みなさんもこう思った事はありませんか?

色んな制度があって、複雑でわかりにくいっ!!!!

 

日々のニュースでも毎日のように流れていませんか?

人材不足、膨らむ社会保障費、高齢化、保育士足りない・・・etc

 

でも、こうも思っていませんか?

でも、自分にはまだ関係ないことだしな

 

そこで厚生省は
地域共生社会の実現で、様々な分野の問題を「まるごと」自分の事のように地域で支えあっていこう
という社会の実現を目指して指針を出しました。

 

なんで地域共生社会を目指すの?

①人手とお金が足りないから

一番の理由はお金と人手が足りないんですよ。

 

介護=高齢者の人は増えるけど、介護職は圧倒的に足りない
障がい=障害を持つ人も増えるけど、職員は圧倒的に足りない
子ども=場所も保育士足りない

 

今は、それぞれが別々にサービス受けてます。
それを一緒に行って人手不足を補えるんじゃね!?っていう狙いです。

 

介護士の人が障がい者(またはその逆も然り)も一緒に介助できれば、計算上は人手不足は補えます。

 

②もっと制度を分かり易く

制度って、ただでさえ堅苦しい言葉で並んでますよね?
それぞれの制度が色んなタイミングで変わってくので、何が何だか分かりません。

 

高齢者は「介護保険法」
障がい者は「総合支援法」
こどもは「児童福祉法」

 

明確に区別されているから自分に関係ない部分に関しては無関心になりがちなんですよね。
制度を利用したいと思っても、「どこに相談すればいいの?」って悩みませんか?

 

そういった複雑な制度を幅広い年齢の人が分かり易くするため、地域共生社会の実現を目指しています。

 

じゃあ具体的にどんな改革が行われていくの?

じゃあ具体的にどんな事が行われる予定なのか?
早速調べてみました

医療と福祉の専門資格における共通基礎課程の創設

現在は医療系の資格と介護系の資格を取るためには、別々の教育を受けなければなりません。

それを見直して、「共通の基礎課程」を作ることを目指します

 

つまり、介護の専門資格をとった人が医療系の資格も取得したいと思ったとき、
今までは新たに5年学ばないといけませんでした
それを「共通の基礎課程を経ている場合は3年の勉強で良いですよ」となるんです
※ここでいう5年、3年というのはあくまで例です。正確にはまだ決まっていませんので注意!

 

http://www.care-news.jp/news/insurance/178_21.html

 

厚生省はこの共通基礎課程の創設を2021年度までに実施していく想定です。

 

共生型サービスの創設

介護保険サービスと障害福祉サービスを、制度の垣根をこえて提供しようという取組です
これは2018年から実施していくことで議論されています。

 

現在は、障がい者が65歳になったとき優先的に介護保険を利用するようになっています。

今までだと、障がい者がずっと利用していた障がい福祉事業所があったとしても、
65歳以上になった場合、介護福祉サービスに変更しなければならなかったのです。

 

いってみれば転校のようなもんです。
長年親しんだ場所から変わって、また新しい人間関係を作らなければいけない

かなり辛くないですか!?

 

そういった問題を、今回の改正でお互いに利用しやすいように変更しようという取組です
今回の改正で介護保険サービス、障害福祉サービスの両方からサービスを提供しやすくなるようになります。そうすることで、今まで長年親しんだ事業所や職員から、引き続きずっとサービスを受ける事ができます。

 

実現する上で大切になるのは?

今まで見てきたように、色んなサービスが色んな制度で分かれています。
それらの制度の垣根を超えて、様々な相談を一手に引き受けるサービスが必要になります。

 

その中核になるのは地域包括支援センターです

 

高齢者や障がい者、子育て家庭や生活困窮者など地域の住民の様々な相談を受け、適切なサービスを提供する必要があります。
人手も必要だし、求められる知識も高いです。地域包括支援センターの担い手を増やせるかが今後の課題となるでしょう

 

いずれにしても地域共生社会の実現に向けて、今後も色々な制度が変わっていきます。制度を上手に知って、利用できるサービスはどんどん利用していきたいですね。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です