ぼくが新人社員にこそ恐れずどんどん有給を申請してほしいと考える理由




こんにちは、timcoです。
みなさん、有給は消化していますか?消化しやすい会社で働いていますか?

 

有給について、ぼくは一言いいたい

有給を使えない会社なんてクソくらえだと

そもそも有給って何か知っていますか?

有給とはどんな制度?

有給とは「年次有給休暇」制度の事です。知らない人のために念のためおさらい。

年次有給休暇とは、一定期間勤続した労働者に対して、心身の疲労を回復しゆとりある生活を保障するために付与される休暇のことで、「有給」で休むことができる、すなわち取得しても賃金が減額されない休暇のことです。

出典:厚生労働省

 

有給は労働基準法でちゃんと全労働者に定められている制度

 

だから、もし有給を取得申請したときに

 

 ・いや、うちの会社有給制度なんてねーから!
   ・1年目から有給なんてとれるわけねーだろ!

 

なんて言われているのであれば、その会社はヤバいですよ
全くそんな事ありませんからね!

 

勤続年数によっても有給の日数は変わる

勤続年数によって、法的には以下の有給日数が定められています

  • 6ヶ月   10日
  • 1年6ヶ月 11日
  • 2年6ヶ月 12日
  • 3年6ヶ月 14日後
  • 4年6ヶ月 16日
  • 5年6ヶ月 18日
  • 6年6ヶ月 20日

※出勤率が8割以上必要。

また、上の表は正社員の場合ですが、パートやアルバイトでも有給制度は利用できるのです。

 

有給の消化率について

日本の有給消化率は先進国最低

2016年度の世界の有休消化率を見てみると、日本は最低クラスのだ

出典:有休消化率3年ぶりに最下位に!有給休暇国際比較調査2016

有給の消化率が50%・・・・・
自分の同僚や上司の消化率はどうですか?

ぼくの会社は比較的有給はとれています。申請すれば有給は通るし、1ヶ月に1回は取っていますね。

でも、まわりの友人の話を聞いていると有給はほとんど使わない(使えない)と言っています。

なので、実態は50%はないだろうなぁ・・・・

 

これから働く新人に伝えたい事

有給は恐れず申請して、どんどん使おう!

新人こそ、有給をどんどん使ってほしいと思う。
なぜなら、そうしなきゃ会社は結局成長しないと思うからだ。

プライベートを優先しよう!

ぼくも含め、今の20代は自分のプライベートの方が絶対優先だ。
プライベートを犠牲にして、休日出勤して残業してアピールして・・・
そんなのとても馬鹿らしい考えということがようやく世間に浸透し始めてる。

 

電通の新入社員自殺のニュースもあり、どんどんそれは顕著になってくと思うし、ならなければいけない。

 

今はどこも人手不足だ。就活生の方が会社を選べる時代だ。
「ちゃんと有給をとれるか?プライベートを大事にできるか?」をちゃんと見極めてほしい

 

会社も世の中の流れに合わせて変わらなければ存続できない

今の世の中は「残業は減らそう!」「プライベート優先!」という風潮なので、会社もそういった社風に変わっていく必要がある。

 

そういったところで魅力を出す事が出来なければ、会社に人は集まってこない。人が集まってこない会社は潰れる。

 

もし、会社が有給認めてくれなければ、そんな会社は「やめます!」って言えばいい。もしくは「労働基準監督署に報告します」って言っちゃおう!

 

ぼくは自分の後輩に「どんどん有給申請しちゃいな!」と勧めるようにしているし、後輩も「来週休みますね!」と気軽に言ってくる。

 

まだ、ぼくの会社は有休消化率が100%ではないので、どんどんアピールして行きたい。

 

世の中の新入社員へ、みんなの有給申請がこれからの社会のためになります!よろしくね!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です