日本人によくある他の人がやっているから自分も同じ通りにしなくちゃっていう謎ルールは何なの?




こんにちは、先日Disneyアート展に行きましたtimcoです。

皆さんは美術館とか絵画展とか行った事はありますか?その中でよくあるコーナーなんですけど、暗幕の部屋でプロジェクターに映して映像を流しているコーナーを見た事はないですか?

 

ぼくがつい先日行ったDisneyアート展でもプロジェクターに映して「これまでのまとめ」的な映像をを流していたのですが、その中で「あぁ、やっぱり日本人てそうだよな」と思った出来事がありましたので紹介します。

我先に前へは行かない日本人

目立つのを嫌う国民性

その場所は、こんな感じに映像を流していました。

 

みんな入口と出口の近くで鑑賞しているんですよね。
スクリーン前が一番映像がよく見れるのは誰がみても明らかです。
それなら、空きスペースに行って鑑賞した方が良くないですか?

Disneyアート展に行かれた方分かると思いますが、結構混んでます。だから入口と出口に人が固まると後続の人が進めなくなるんですよね。

 

ただ、誰も空きスペースには行っていきませんでした。なぜなら、その空きスペースに自ら入るのは「目立っちゃうから」「他の人は前に行っていないから」です。

 

誰が見ても、その空きスペースに連れて行った方がよく見えるのは明らかですよね?でも他の人は後ろで見ているから、私だけ前にいったら目立っちゃうという心理が働いているんだと思います。

 

他人もやっているから自分もしなくちゃという謎ルール

Disneyアート展で例をあげましたが、普段の日常にこういった場面てたくさんありませんか?普段の日常から「自分はこうしたい」って思っていても、「でも他の人はやっていないしな・・・」と考えて、結局他人の考えに流されたりしていませんか?

 

・本当は出たくない会社の飲み会に出席すること
・休みたい用事があるけど、皆が有給とっていないから取りづらいこと

 

考えていけばありますよね。でも、変に目立つことを恐れて自分のやりたいことを心の中におさえているのはもったいないですよ!

 

自分のやりたいようにやることが大事だと最近は思っています。

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です