ぼくのブログが専門ではなく雑記ブログになった理由。それは「ブログは楽しいツール」と知ったから。




こんにちは、timcoです。

ふと思った、このブログってかなり雑記ブログじゃね?と。

最初は8割ほどは「男性不妊」「里親」っていうカテゴリをメインにブログを更新していこうと思ってました。2割くらいは映画とか音楽とか、自分の趣味について書こうと。

 

でもブログを続けてみて思いました。
ぼくに専門ブログは出来ないな

 

気づけば3割がメインで7割が趣味という、最初の主目的が分からないブログになっているような・・・

そこで今回は改めて自分のブログを振り返って考えてみようと思います。

専門ブログは出来ないなと思った理由

ブログの楽しさにハマったから

最初は男性不妊・里親についてメインで書こうと思ったんですが、ブログを続けていくうちにブログの楽しさにどんどんハマっている自分がいるんですよね。

まだまだ、自分の文章力も高くないですが、自分が書いた文章がインターネットで全世界に発信されているんですよ

ぼくは映画レビューの記事をよく書きます。同じ映画を観た人は多くいても、ぼくがその映画に感じた事は、ぼくだけの感性です。

 

https://ouchinikaerou.com/2017/05/17/post-246/

https://ouchinikaerou.com/2017/05/05/post-191/

 

もしまだこの映画を見た事が無い方がいれば、ぼくのレビューが参考になるかもしれない。
同じ映画を見た方が、ぼくのレビューに賛同してくれるかもしれない。もしかしたら、ぼくとは違った意見をもって、真っ向から否定されるかもしれない。

 

自分が思ったこと・感じたことをそのまま文章にのせて発信できるブログというツールがあるのだから、1つのカテゴリだけではもったいないと思ったことがキッカケです。

 

男性不妊・里親という経験が今の自分の感性になっているから

「不妊」「里親」という経験は、良くも悪くも今の自分の感性を作っているものです。

もし、不妊を経験していなかったら絶対に今の自分の感性とは違ったものになっているはずです。不妊は、普段過ごしている日常がの景色が180度変わった経験でした。

例えば、「公園で普通の家族が遊んでいる」という風景。普段過ごしていれば当たり前の風景かもしれません。でも不妊経験者から見れば「普通」ではありません。正直、羨ましく思う事だってあります。

そんな経験をした自分の感性だからこそ、発信できるブログっているものがあると思っています。

まとめ:今後のブログの方向性

男性不妊・里親についてはもちろん書いていくつもりです。制度や概念はまだまだ認知度や理解が低いため、世の中に発信していくのがこのブログの使命だと勝手に思っています。

ただ、このブログはあくまで「不妊・里親に関する専門ブログ」ではありません。あらためて考えてみると「不妊・里親の経験者が感じた生き方を発信するブログ」というコトになります。

これからは、この考え方に合わせてブログを書きたいと思います。「こうゆう考え方もあるのか」と思ってくれたら幸いです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です