LINE漫画でこち亀が1巻〜10巻まで無料で読めるので、オススメな見所を紹介するよ




こんにちは、timcoです。

ぼくは朝おきてから最初に行うのは、LINE漫画の週刊連載を確認するほどの漫画好きです。そのLINE漫画で現在「こち亀」が1巻〜10巻まで無料で読めます!

 

こち亀に出てくる登場人物やストーリは、大体の人が知っているでしょう。ですが、1巻〜10巻という初期の作品を見れる機会っていうのはそうそうないですよ!

その見所を紹介します!

 

両津の顔や性格や言動が、リアルに悪人

1976年に連載が始まったので、その連載当初の両津はこんな顔をしている

大体の人の両津のイメージはこっちだ。ぼくは90年代生まれなので、週刊少年ジャンプもアニメ版もこの顔である。

 

初期の両津は、顔も性格も粗暴である。現代版の両津も確かに粗暴で破天荒なのだが、どこか憎めないところがあるのだが、初期の両津はそれがあまり感じられない。地で性格が悪い警官なのだ。

 

警官がいうセリフじゃねぇwwwwそしてこの顔がヒドいwww

 

とりあえず銃をぶっ放す両津と中川

現代版では銃を撃つ場面はあまり描かれないが、初期のこち亀は基本的に銃をぶっ放している。一般人や動物にも平気で撃ちまくる。気に入らないヤツがいたらとりあえず銃を撃つ。

 

現代版こち亀では基本的には常識人の中川も、初期のこち亀ではただのイヤミな金持ちである。そして中川も銃をぶっ放す。

 

 

警官がいうセリフじゃねぇぇw

 

勤務中に酒を飲む描写がところどころに

現代版では考えられないが、初期のこち亀は派出所内で酒を飲むシーンがたくさん書かれている。

この場面も、派出所に訪ねてきた一般市民を「うるせぇこのやろう」と言って、ビールを持ってこさせる場面であるww

 

これが70年代では「少年誌」に書かれていたのだから恐ろしいww 

ジャンプの王道は「友情、努力、勝利」だが、そんなもの1ミリも感じられないww
初期のこち亀は「酒、銃、金」である。

 

戸塚というレギュラーキャラクターがいた

レギュラーキャラクターというと「両津、中川、麗子、大原部長」というのが当然の認識だが、麗子は始めから登場していない。その初登場は10巻(100話目)からなのだ。

 

初期のレギュラーは「戸塚」というキャラクターが存在していた

入れ墨に、目に傷面である。完全にアッチ系のキャラクターである。性格も両津ほど粗暴ではないにしろ、乱暴でガサツなキャラクター。

 

まぁ、「両津とキャラクターがかぶる」という理由で、だんだん消えていったらしい。

ただ、オールドファンからは人気で「復活させてほしいキャラ1位」にも選ばれている。

 

まとめ

誤解の無いように言っておくと、初期のこち亀も現代のこち亀も大好きですからねww

40年も続いた漫画なので、ストーリーやキャラクターの性格が変わる事は当たり前です。その当時は許された表現が沢山ある事は理解しています。

 

 

そういったところも含めて、「こち亀」の面白さですからね。

まだ、現代版の「こち亀」しか知らない方は是非、初期のこち亀を見てみてください。6月30日までしか見れませんよ!!!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です