ブログの文章が上手く書けずに悩んでいる人は、最初のうちにDAIGOの「人を操る禁断の文章術」を読んでおくことをオススメする理由




こんにちは、timcoです。

ブログを書き始めて2ヶ月ちょっと。正直、我ながらよく続いているなぁと思います笑

あんまり難しい事考えずにこれからも続けていきたいとは思ってますが、やっぱり続ける上でモチベーションをあげる事は大事。

じゃあどうやったら続けられるか?というとやっぱり「読まれる事」に尽きますよね

ブログとは何のためにあるのか

ブログとは「日記」ではなく「読んだ人が役立つ情報を発信しているツール」だと思っています。ぼくのブログで言うと里親・男性不妊がメインテーマなので、その情報を知りたくてサイトに訪れた方が「知りたい情報を得れた」っていうのが大切です。

やっぱりブログの世界で有名な方に共通しているのは「文章がうまい」んですよね。

うまい文章とは

「文章がうまい」っていうのは、国語の教科書に乗っているような論理的な文章じゃなくて、そのブログを読んだ後に「俺もやってみよう!」と思わせるような文章ってこと。人に何かしらの行動を起こさせる文章のことです。

なかには炎上してるブロガーもいますが、それもある意味で、人に行動を起こさせた文章ですよね。何も感じさせることができなかったら、読者は見てもくれないと思うので。

 

会話をしているような文章

上手い人は文章を読んでいるというより、会話している感じじゃないですか?

例えば、購入するつもりはなかったけれど、ブログを読んでいて気づいてたらポチってるっていうのはまさしくそうですよね?

そのブログを書いた人の「セールストーク」ならぬ「セールス文章」に誘われたってことです。

 

じゃあ当然、自分上手い文章を書きたいっ!魅力的な文章を書くにはどうすればいいんだよ!?っていう疑問が湧いてきませんか?

その疑問に答えてくれた本がDAIGOさん※メンタリストの「人を操る禁断の文章術」という本です。

「人をあやつる禁断の文章術」ってどんな本?

まず、この本はブログに特化した文章ではありません。「文章」に特化した本です。

ブログだけではなく、仕事で使うビジネスメールや恋人とのLINEなど、あらゆる場面で使われる「文章」についてのテクニックを紹介しています。

そしてこの本の結論というか最大にして最大のテーマはまえがきに全て書かれているんです。

あとの章はそれをどう組み立てたら良いかっていうテクニックの紹介。

人をあやつる文書の仕組み

この本で一番言いたい事はこれだとぼくが勝手に判断しました。

「文章書くならまずはこれを意識しろ、話はそれからだ。」ってDAIGOさんは言っていらように聞こえました

 

「文章を読んでくれた人にどんな行動を起こしてもらいたいか?」を意識して書かなければ、文章としては全く意味がないものになってしまうということ

ぼくのようにブログを始めたばかりの人が陥っているミスポイントはまさにココ。「綺麗に書かなきゃ」とか「SEOが」とかに気をとらわれてしまっていることが多いんですよ

 

そうではなくて、もっとブログっていうツールの根本である「読んでくれた人が行動を起こす文章」を意識しないと読んでもらえないということに気づかされますね。

人の悩みは4つだけ

さすがメンタリストっていう文章テクニックもこの本には沢山出てきます。そのなかで紹介させて頂くのは「人の悩みは4つだけ」というもの。

これもブログをかいていく上でとても参考になりました。というのも,何度も紹介したようにブログというツールは「読んだ人に役立つ情報を発信するためのツール」です。

 

つまり、ブログを訪れた方は何かしらで悩んで、検索エンジンからサイトに行き着くんです。「ここなら悩みを解決してくれるかも」という期待を込めて訪れてくれる。

 

じゃあその悩みって何なの?と考えることがブログを読まれる事に繋がっていくんですよね。

 

DAIGOさんは、この四つの悩みに年齢を掛け合わせれば大体その人の悩みは当てられると言っています。

 

例えば僕だったら、「Relation ×20代」とすると悩みの中心は、家族の事とか結婚、こどもの悩みが中心になり、ググるキーワードもこれらのことがメインになります。

自分が発信している文章が、どんなことに悩んでいる人たちに向けて書いた文章なのかを考えていけば、必然的に読まれるんじゃないかと思いました。

 

文章を書くことに悩んでいる方は必読の本

この本には敬語の使い方とか、正しい日本語の使い方みたいな小難しいことはまったく書かれていません。むしろそんなキレイな言葉で書かないでありのまま話すように書け!と読者に伝えています

ボリュームもそこまで多くないので2時間程度で読めちゃいます。

 

もちろん、文章のテクニックも書かれていますけど、それよりも僕がこの本を読んで良かったことは「文章から行動してもらう」という意識が重要なのを知れた事ですね。小手先のテクニックはここを抑えてから身につけていけば良い。

 

ブログに特化した本ではないですが、僕と同じようにブログを始めて数ヶ月の方にはオススメの本です。是非、一読してほしいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です