ぼくも会社員だけど、通勤に片道1時間以上もかけるって馬鹿らしいと思わない?




こんにちは、timcoです。

ぼくは会社員ですが、最近ではフリーランスという働き方が世間に浸透していますよね。

フリーランスの数もどんどん増えています。

サラリーマン、フリーランスそれぞれにメリット・デメリットもあるので、それがその人にとって良いかどうかですよね。

サラリーマンのデメリットとしては「自分だけに使える自由な時間がない」ということでしょうか。

 

もちろん、サラリーマンとして勤務する上で、決められた勤務時間の内は会社の業務をやるのは致し方ないでしょう。

 

その中で僕がどうしても譲れないものが通勤時間です。これだけは絶対に譲れません。10分以内に到着できる場所でないと無理です。

 

だって通勤は「会社のために使っている時間」じゃないですか?なのに、その時間に対しては給料は一切払われないんですよ?だったら出来るだけ近いところの方が良いに決まっているじゃないですか?

 

この記事を書くキッカケになったのがこちらの記事を読んだから。

[blogcard url=”https://shachiku-festival.com/tuukinzikan-tanshuku/”]

 

みんながどれだけ通勤に時間をかけているか、通勤時間が長くなる事によってどんなデメリットがあるのか考えてほしいです。

 

みんなどれくらい通勤に時間を費やしているの?

ぼくの会社は地方の中小企業なので、都心の通勤ラッシュには出くわしません。たまに出張で都心にいくことはありますが、それはもうヒドい。

山の手線なんか地獄絵図に見えましたよ。都心の会社で働く以上、会社を変えてもずっとこんな感じかと思うと、都心には住みたくありませんね・・・・

 

 

都心部の平均通勤時間

関東近辺に住んでいるサラリーマンの平均通勤時間がこちら

出典:アットホーム株式会社

 

片道1時間が最も多い。

単純計算で往復2時間てことだよね。実質、これって家から会社までの最寄り駅の時間です。駅までの移動時間とか、電車がくるまでの街時間とか時間とかもひっくるめれば、毎日3時間は通勤のために使ってしまってませんか?

 

通勤の電車の中では何しているの?

通勤の電車の中では皆さん何をしていますか?スマフォで音楽やニュース?読書?寝ている人もいますよね。

出典:アットホーム株式会社

 

読書やニュースサイトチェックも良いですけど、あの混雑の中で集中できます?絶対出来ないと思うんですよ。

混雑している電車の中で1時間本を読むより、家の静かな空間で30分読んだ方がよっぽど頭の中にインプットされますよ

 

このグラフの中では半数以上が「有意義に使っている」って答えてますけど、本気で答えているんでしょうか・・・?

 

 

通勤に費やす時間が長くなるのデメリット

自分の時間がなくなる

会社員として働いていれば、9時〜18時が定時の8時間労働が普通でしょう。ただ、定時キッカリに帰れる事なんてあんまり無い。

 

ぼくの会社は季節によって違いますが、30分〜1時間くらいの残業があります。繁忙期になれば21時くらいになる事もありますね。

 

21時に終わって、通勤に1時間かかっていれば家つくのは22時超えますよ?

そこからご飯食べて、お風呂入って・・・23時。自分の事は何もできませんよ。例えば、ブログを書いたり、趣味でも何でも良いです。

 

家族と話す時間がない

 

通勤に時間をかければかけるほど、家族と過ごす時間が無くなります。夜は遅く帰ってきて、朝は早くから帰ってきて・・・・

 

遅くなればなるほど、家族と話す時間より睡眠時間を優先させてしまうんです。家族と幸せに暮らすために働いているのに、通勤時間が長くなると家族とコミュニケーションがとれなくなるんです。そんなの本末転倒じゃないですか?

 

ぼくには子どもがいませんが、里親を目指しています。子どもを迎えるとしたら今よりさらに早く帰って、子どもと一緒に遊ぶと決めています。

 

別に出世なんかしなくて良いです。会社にいる時間より家族と過ごす時間のほうがよっぽど重要です。

 

睡眠時間が短くなる

自分の時間や家族と過ごす時間が短くなるなら、当然睡眠時間も短くなりますよね。通勤時間が長いと、その分睡眠時間が短くなるというデータがあるのです。

 

出典:アットホーム株式会社

 

ぼくは睡眠こそ健康に一番影響を与えるものと思っているので、絶対に7時間は寝るようにしています。

[blogcard url=”https://ouchinikaerou.com/2017/06/29/post-787/”]

睡眠不足になると作業効率が下がってしまい、結局仕事に集中できないし、仕事が早く終わらないで帰れないのです。

 

慢性的な睡眠不足は、身体に様々な影響を与えます。元気で長生きするために、睡眠時間は6〜7時間は取った方が良いのです。通勤のために睡眠不足になってはいけません。

 

まとめ

会社員で働く以上、通勤時間というのは発生しうるものかもしれません。ただ、リモートワーク制度なども普及してきており、「通勤に時間をかけない」というスタイルが浸透してきているのも事実なのです。

 

通勤時間をなくす・短縮する事が出来れば、会社員として働いていても自分の自由な時間は確保できるのです。

 

あなたの時間は会社のためにあるのではありません。何のために働いているのか?自分・家族が幸せになるために働いているのです。

 

通勤時間という時間の使い方について、改めて考えてみてはいかがでしょうか?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です