偏見と批判されても、ぼくがパチンコを大嫌いな理由。




こんにちは、timcoです。

ぼくがどうしても嫌悪感を抱いてしまうものがある。それはパチンコ。

「やったことがないのに批判する」というのは好きではないのだけれど、パチンコだけは受けつけない。

 

ぼくがパチンコが嫌いな理由

ぼくはパチンコをこれまでの人生で1度もやったことがない。

 

ぼくの親や兄弟、もちろん妻もパチンコはやらない。なので、パチンコによって人生を狂わされたっていう経験はしていない。パチンコのルールや操作方法もまったく分からない。

 

完全なる食わず嫌い、偏見だと自分でも自覚している。

 

それでもぼくはパチンコが嫌いだ。これからの自分の人生、パチンコ店に入って使う時間はないだろうと思っている。

 

結局プラスにならない仕組みになっているものになぜ投資するのか理解不能

よく聞くのは、パチンコって結局のところ収支はマイナスになるところ。一回はプラスになったとしても、それで味をしめて二回目やったらマイナス。

 

パチンコする人の全員がプラスになる訳がない。そんなことしてたら店は儲からない。店側が利益出てなければあんなにパチンコ店がオープンするわけないからね。

 

もちろん成功が約束されたものなんて何も無いけど、成功が出来ない仕組みになっているものにお金を投資するのは馬鹿げていると思っている。

 

ほかに有意義な時間とお金の使い方見つけられないの?と思ってしまう

パチンコ店の前を通ると、朝から大勢の人達が開店前から列をなしている。土日ともなると某テーマパークなみの順番待ちをしている。

 

え、土日の使い方それ!?って思ってしまう。中には家族がいる人もいるでしょう、子どもがいる人もいるでしょう。

 

家族と過ごす時間に使えば良いのに・・・といつも思ってしまう。2時間・3時間くらい店にいるんだよね?その時間がもったいない。

 

パチンコって、プラス・マイナスになるかは別として資金として2万〜3万が必要なイメージ。そのお金と時間があるなら1ヶ月に10冊本を買って読んだ方がよっぽど自分のためになる。

 

暇つぶしのためにいくなら、2万〜3万もあれば何か手に職をつけるためのスクールに毎月通える。

 

ブログだったら無料でも、月2千円くらいで運用ができる。ブログだって成功が保証されているものではないけれど、成功できない仕組みになっているものではない。

 

パチンコに使うお金と時間があるなら、ほかに投資すべき趣味がいっぱいあるのではないかと思ってしまう

 

タバコ臭い

やったことが無いのに批判する」最大の理由はなんだかんだ、一番の理由はこれだな

ぼくはタバコの臭いが大嫌いだ。吸う人の隣には1秒だっていたくない。髪の毛や服に臭いがつくのが大嫌いなのだ。

 

パチンコ店の中に入ったことがないので実際に体験したことはないけれど、それでもあの中はタバコの煙が充満しているのだろう。だって、店の出入り口のドアが開けられたときに偶然通りかかっただけで凄まじいタバコの臭いがする。

 

もう、その臭いがしただけで店に入る気なんて失せる(始めからないけれど)

 

まとめ:

パチンコを趣味の範囲で上手に行っている方もそりゃいるだろう。上手に自分のお小遣いの範囲でやりくりして、たまにプラスになったら家族にサービス・・・って人もいるかもしれない。

 

でも、「自分は大丈夫」と思っていても、のめり込んで抜け出せなくなるのがギャンブルの怖さだと思う。ネットで検索すればパチンコにはまり込んで人生がメチャクチャになった人の体験談がたくさん表示される。※全く同情できないが・・・・

 

家族がいるのに「俺のお小遣いでやっているんだから」って言う人は、ぼくにとっては「なにいっちゃってんの」って感じです。それで家庭壊したらどうするの?

 

ぼくはこれからもパチンコをする人とは付き合わないと思っているし、パチンコで身を滅ぼしても自業自得としか思えません。

 

みなさん、パチンコで身を滅ぼさないように注意してくださいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です