誰とでも仲良くするなんて出来ないし、好かれる必要も無い。自分の気持ちに正直に生きよう




よく「人付き合いを上手にやるためには人の嫌なところではなく、良いところを探せ」って聞きませんか?仕事や恋愛、色んな場面で言われる言葉です。

 

でもさ、皆さんそんな簡単に実践できると思いますか?

 

正直言っちゃいましょう。そんなの無理!って。

 

やっぱり嫌なところは嫌だし、好きになれないところはなれないですよね。「良質な人間関係を作るコツ」とかで色んな本が出てますけど、そんな無理しなくてよいと思います!

 

だって、嫌いなものは嫌いなんだから!

 

人を嫌う事自体は悪い事じゃないと思ってる

人それぞれ、嫌いの限界値は違う

それぞれ、人を嫌いになるまでの限界値ってどうしても存在します。その限界値ってその人が今まで生きてきた経験や価値観で違うんです。

 

限界値が低ければ悪い・高ければ良いじゃない。それが個性ですよ。人によって許容値は違って当然です。

 

受け流せる人と受け流せない人がいて当然

例えば、上司からセクハラ発言を受けたとしましょう。

 

Aさんはその発言を上手にサラリと受け流せる。
でもアナタは受け流せなかった。その発言で、その上司を心底嫌いになった。

でもまわりからは「あれくらい受け流さないと〜」と言われることありません?

 

もちろん、セクハラ発言する上司は当然、御法度ですよ。それはまぁ、おいといて・・・

 

受け流せない人が悪いんじゃない。それが個性。アナタの「キライの限界値」です。

 

その気持ちに無理にフタをしちゃうほうがアナタの個性が潰れちゃいますよ!

 

嫌いな人のために悩む時間がもったいない

ぼくはこうやってブログを書いているのですが、サラリーマンやっている以上、平日はやっぱり仕事で忙しい。

 

ブログ更新も1記事書くのに、なかなか時間がかかります。2時間くらいかな。

 

その時間を捻出するためには、悩んでいる時間がもったいないんですよ。1分・1秒だって、嫌いな人の事で悩んでいる時間は正直いって無いのです。

 

どうしたら好きになれるだろう・・・・」って考える時間さえ作りたくない。その人のため悩み・怒る時間さえもったいない。

 

 

嫌いな事を考える1分より、好きなことや好きな人について考える1分に使いたいじゃないですか。

 

 

99人に嫌われても、1人だけ味方が入ればよい

人生、たった一人でも自分の味方がいれば人生は勝ち組です。

 

会社の人全員と仲良くする必要なんか無いんです。誰からも好かれようとしなくて良いんです。

 

家族でも友人でも、たとえ1人でも自分の味方がいればこれ以上心強い事はない。例えば、今から自分が新しい事始めようとしたときに、たとえ99人が反対しても、その人が味方してくれれば、あなたは自信をもって始めちゃって良い。

 

自分の気持ちに正直に生きよう

「誰かを嫌いになる」っていうのはそんなに悪い事でしょうか?世の中の人全員と仲良くしなければいけないんでしょうか?

 

そんなことはないはずですし、不可能です。自分には受け入れられない人がいても、それはあなたが悪いんじゃありません。それがあなたの個性ですよ。

 

嫌いなことを考える時間を、好きなことを考える時間に変えましょう。自分の気持ちに正直に生きましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です