ギターは早弾きよりカッティングの曲の方が絶対にカッコイイと思う理由

cutting




こんにちは、timcoです。

実はぼく、エレキギターを嗜んでいるのですが、これからギターを始める方や、楽器をやっていなくても音楽が好きな人へ昔からどうしても主張した事があるのです。

 

timco
早弾きよりカッティングのほうがカッコいいぞ!

 

カッティングってなんなのか分からない人や、カッティングの魅力が十分に伝わるような名曲も紹介していきます!

 

そもそも、カッティングってなんなのさ?

早弾きって、楽器をしたコトの無い人でもイメージしやすいと思いますが、カッティングっていまいち分かりづらいかも知れませんね。

早弾きもカッティングも、ギターの弾き方のテクニックのひとつです。

 

早弾きってどんな弾き方のことをいうの?

まずは、早弾きの入門曲といえばこの曲。

とりあえず、ギターを手にして始めに練習する代表曲のひとつです。とりあえず、右手と左手がめちゃくちゃ早く動かしてピロピロ聞かせます。

今でこそ、この曲は聞いている分には早くないかもしれませんが、実際練習してみると結構難しいですよ。

ギターソロは4分30秒あたりから始まります。ギターソロができなくて、1弦ばっかり切れていましたね笑

 

カッティングって弾き方のことをいうの?

対してカッティングの魅力を十分に味わえるのがこの曲。山下達郎さんの超名曲です。

イントロから夏の海に連れてってくれるような何とも気持ちの良いフレーズが分かります?30年以上前の曲ですが、全然古さを感じませんね・・・小さい頃、親の運転する車でよくかかっていました。


カッティングとは、音を途中で止めたりしてリズムを作るためのテクニックです。

早弾きと比べると、どうしても目立たないかもしれませんが、曲の中で緩急をつけたりするためにとても大切な技法です。

 

ぼくが早弾きに惹かれない理由

あらかじめ言っておきますがギターソロや早弾き自体は大好きですよ。大好きな名曲も沢山あります。

ただ、早弾きしているギターを聞いても惹かれない理由がただひとつ。ノレないんです。それよりも、ギターソロの後ろで弾いている、リズムギターのカッティグに惹かれます。

 

ギターソロは突っ立って眺めてしまう

始めてライブハウスで実際に演奏されているのを聞きにいった時のことです。

イントロからめちゃくちゃ盛り上がって、サビで最高潮に達しました。そして、その後はお決まりのようにギターソロ。

そのときまで自然に身体が動いていましたが、ギターの早弾きのときにそれまでノっていた身体がとまってしまったんですよ。

早弾きってリズムではないので、しっかり聞くためには身体を止めないといけないんですよね。それがぼくにとっては苦痛でした。

 

カッティングは、曲の最初から最後まで聞き手に聴かせることができる

曲の中で、ギターソロって5分の曲の中の30秒くらいあればいいじゃないですか

でも、カッティングってその曲全体のリズムを作り出すためのものなので、イントロから最後までずっと聞き手に聴かせる事が出来るんですよ。

 

そう考えると、早弾きよりカッティングの方がお得じゃん!ってなるんですよね笑

 

カッティングの魅力を堪能するには、まずはこの曲を聴け!

さて、ここからが本題!ぼくがこれまで聴いてきたカッティングが有名なアーティストのなかで、まずはこれを聴いてほしいという曲だけを激戦した。

ぜひ、爆音で聴いてほしい。自然に身体がノってしまうこと間違い無しだ。

 

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

ぼくが、世界で一番好きなバンドだ。今は残念ながら解散し、ギタリストのアベフトシも亡くなってしまっているので永遠に再結成はないのだが、今聴いても唯一無二のカッティングを聴かせてくれる。

正直、TMGEを聴いたからカッティングの魅力に取り憑かれたといっても過言ではない

 

キャンディ・ハウス

TMGEのカッティングを最初に堪能するとしたら、まずはこの曲がオススメ。

イントロから最後まで、ギターのアベフトシのカッティングという「ギターソロ」なのだ。

もう、身体を動かさずにはいられないというのはこういう曲のためにあるような言葉だ。

 

シャンデリア

この曲以上に、最初から最後までカッティングで駆け抜ける曲をぼくは知らない。始めて聴いたときの衝撃はホントにスゴかった。

本当に人間が弾いているのか?と思ったのを覚えている。


ROCKIN’ON JAPAN編集長の山崎洋一郎(当時)が、アベフトシの演奏をみてこう言った。

鬼。鬼がいた。

日本のロックバンド史上、あれほどまでにロックに取り憑かれたギタリストは見たことがない

 

TMGEを聴いた事がない人については、ぜひ、「High Time」というアルバムから入って頂く事をオススメする。上記であげた2曲も収録されている。必聴の名盤だ。

 

 

JUDY AND MARY

TMGEと同じ時代に活躍し解散したバンド。YUKIはほんとうに何歳になっても変わらない可愛さ。

YUKIのボーカルとしての魅力はもちろんだけど、それ以上にギターのTAKUYAの個性あふれる変人ギターもJUDY AND MARYの大きな魅力だ。

「そばかす」しか知らないという人は本当にもったいないですよ!

 

くじら12号


なんというか、色々混ぜてみたらスゴい曲出来ちゃいましたみたいな曲ですw

ギターも何やってんだか分かんないし、ベースもドラムもよく分からない。でも、混ぜてみたら化学変化起こしてスゴい曲になってましたってヤツですね。

 

 

ドキドキ


YUKIの可愛さが全開に溢れる一曲。

可愛くて、ポップで、でもどこか寂しげなメロディー。TAKUYAのギターの最大の魅力は、YUKIのボーカルと一緒に歌うようにカッティングをするところなのだ。

JUDY AND MARY ってコピーが難しいバンドって言われる所以はそこですね。

 

 

BOOWY ※布袋寅泰

日本が誇るカッティングが有名なギタリストの第一人者といったら布袋さんでしょう。その中で、この曲のイントロのカッティングは超有名です。


しかもこの動画、ドラムは元BLANKY JET CITYの中村達也で、ベースはTOKIEである。最高にカッコいいわ・・・

BAD FEELINGは日本が誇るカッティングの名曲です。

 

 

Red Hot Chili Peppers

Can’t Stop


カッティングの練習しようって決めたときに、まず一番始めに練習した曲だな〜。

超有名曲なので、結構な確率で「お、レッチリ?」って感じで誰にでも通じる。なんか知らぬまにセッション始まってたりする笑

カッティングをこれから練習していこうって人には最初にオススメしたい曲!

 

まとめ

ほんとに超有名なカッティングの名曲ばかりをそろえました。必聴の曲ばかりです。

早弾きより、カッティングの魅力に気づいて頂けましたでしょうか?

そしてカッティングはテレキャスターで弾くに限る!爆音で聴きまくりましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です