上海旅行で浦東空港からホテルに到着するまでに経験した4つの失敗の話




こんにちは、timcoです。

海外旅行で夫婦2人で中国(上海)へ4泊5日で行ってきました!

今回の旅行の目的は、上海ディズニーランドと外灘・田子坊といった有名な観光地を巡ること。

生まれて初めての上海は、ぼくにとって色々な体験をさせてくれました

前回の記事では、中部国際空港から浦東国際空港までの行き方を紹介させて頂きました。

今回は空港から上海のホテルに到着するまでに僕が経験したしくじりと、最後にタクシーの運転手にキレられた話を紹介します!

特に僕たち夫婦のように「海外旅行の経験はあまり無い・中国は初めて行く」という方には必見の内容です!

 

しくじり①公共交通カードを間違えて買ってしまった

まず最初のしくじりは、「公共交通カード」を間違えて買ってしまい大損をしてしまったことです。

公共交通カードとは、日本でいうSuicaのようなもの。これ1枚でリニアや地下鉄、バスやタクシーなどの全ての公共交通機関で使用できます。

上海旅行をする上では欠かせないアイテムです。

 

しくじりが発覚するまでの経緯

事前に旅行の計画を立てている際にこの公共交通カードの存在は調べていまいた。

「上海公共交通カード」を使ってキャッシュレス観光を目指そう!

  • 公共交通カードってなに?チャージとかはどうやるの?
  • どの窓口で買ったらよいか?
  • どんな種類のカードを買ったら良いのか?
  • 20元デポジットで買う。使わなかった分は返却時に返金される

 

ここまでの情報で、調べていたつもりになっていました。

timco
こんなに調べたんだから大丈夫っしょ!よゆーよゆー

とタカをくくってました。

 

交通カードが購入できない!

浦東国際空港から上海市内へは、リニアモーターカー+地下鉄で行きます。

浦東国際空港のリニアモーターカーのチケット販売窓口で買えます

timco
公共交通カードプリーズ!
名前
我们不能卖掉它,因为它已经过了我们的交易时间!
※中国語はあくまで僕のイメージです

売ってくれません。あれ?通じない・・・そしてキレ気味だし、めっちゃ冷たい・・・

でも、普通に他の乗客はチケットを売って乗っているんですよ。

いやがらせか?中国語ができない日本人にはカード売らないのか?

早くも中国の洗礼を受ける僕。

 

ここで負けてはダメや!と思い直し、チキンハートを奮い立たせて再度勝負!

今度は聞き方を変えて、勝負!

timco
リニアに乗りたい!カードがほしい
名前
直到我从一开始就说,我才知道!

やっぱり言葉は分かりませんでしたが、このカードをくれました。

航空機チケットを見せれば、片道50元が40元に割り引かれます。往復なので80元です。

 

ただ、これはリニア専用のカードなので公共交通カードではありません

浦東国際空港からリニア終着駅の竜陽路駅までの所要時間は約8分。

 

内装は、けっこうボロめ・・・・

13_rinia

竜陽路駅から地下鉄に乗り換え、ホテルがある上海駅に向かいます。

ただ、ここまでは公共交通カードの販売時間について知らない私達。竜陽路駅の窓口でも、同じことを言います。

 

timco
公共交通カードプリーズ!50元チャージしてください!
名前
它要多少钱?(いくらチャージすんの?)

あれ?今度は通じた。英語は分からないようでしたが、片言のやりとりでなんとか伝わりました

そして、売ってくれたカードがこれ!

 

あれ?なんか日本で事前に調べたカードとは違うなぁ・・・・・・

でも電車とかタクシーとかで使えるから良いかと思って、そのままホテルの最寄り駅である上海駅行きの電車に乗ったのです。

 

これがしくじりだと分かったのは最終日になってから。

 

実はこのカード、厳密には「公共交通カード」ではないのです。確かに公共交通機関で使用できますが、扱いとしては記念カードです。

公共交通機関は乗れますが、デポジット金やチャージ残金が返却されないのです!

正しい公共交通カードはこちら

bb33aced4b93926e_S

参考:SHANGHAI NAVI

そして、返金対象の公共交通カードの窓口販売時間は19:00までということも判明しました!

だから、最初の空港窓口の人は売ってくれなかったんですね・・・・

 

しくじったー!!!

 

僕たちはチャージ金すべてを使い切る事が出来なかったため、チャージ金が残ったままのカードと共に帰国しました。その額は夫婦合わせて60元ほどになりました。

 

今回のしくじりから皆さんに伝えたいコト

みなさん、ぼくたちのしくじりから覚えておいてください!

  1. 公共交通カードは、返金対象のカードとそうでないものがある
  2. 公共交通カードは、窓口での販売時間は19:00まで
  3. 返金対象以外のカードは絶対に返金されません!

 

しくじり②中国ではwifiルータの接続にVPN接続が必要ということに気付かない

続いてのしくじりは、「中国ではVPN接続可能wifiを借りる事自体は知っていたが、wifiルーターのパスワードさえ繋げば、勝手にVPN接続してくれる」と思ってたことです

 

しくじりが発覚するまでの経緯

何はともわれ、交通カードを手に入れた僕たち。竜陽路駅からホテルがある上海駅まで向かいました。

上海の地下鉄は日本と比べてとても分かり易いのですよ。

さて、上海駅からホテルまではGoogle Mapを使用していくつもりでした。

ホント便利ですよね、Goole Map。どこに行くにもお世話になっています。

 

いつものように「さて、Google Mapで案内してもらおう」と開いたのですが、、、

このサービスは利用できません

 

は!?おいおい、VPN接続用ルータを借りているじゃん!!なんで接続できないんだ!?
※このときはVPNの接続方法を知りません

何度接続を試しても、Goole Mapが開けないので、ホテルへの道のりが分からなくなりました。軽くパニック!

Gooleではなく、safariは開けたのでホテルのHPは分かったのですが、詳しい行き方がわかりません。

近くに警察がいたので

timco
このホテルにはどうやっていきますか?
警察
这家酒店不是南口,就是北出口广场的方向!
※あくまでイメージです。

 

当然、中国語で返答されます。警察でも英語は通じません。もちろん、日本語も通じません

ホテルに着くことができない・・・・詰んだ・・・

 

なぜ、Goole Mapつながらなかったのか

これは自分が事前に説明書をよく読んでなかったのですが、、、、

いくらVPN接続のwifiルータを借りていても、スマフォ側でVPN接続設定をしなければいけなかったのですよね。

後々、ホテルについてから分かったのですがちゃんと繋ぎ方は説明書にも書いてありました。今回、wifiルータを借りた「Global Wifi」のホームページにも書いてありました。

ぐうの音も出ませんでした・・・

 

今回のしくじりから皆さんに伝えたいコト

みなさん、ぼくたちのしくじりから覚えておいてください!

  1. 中国に行く際は「VPN対応」用のwifiルーターを借りること!
  2. VPN接続は単にwifi接続しただけでは接続できません。別でVPN接続設定が必要なこと!
  3. 説明書は最後まで読むこと!

 

しくじり③駅の北口と南口が分からず、タクシーの運転手にキレられる

ここでのしくじりは、Google MAPが使えなかったので徒歩でホテルに移動するのをあきらめてタクシー移動を試みたのですが、、、、

北口と南口で乗るタクシーを間違えて、タクシーの運転手にキレられたことです。

 

しくじりが発覚するまでの経緯

さて、前回しくじり②でGoogle Mapが開けない僕たちは、最後の手段であるタクシーでの移動を試みます。

今回の旅行はタクシーを使うつもりはなかったんですよ。

というのも、やっぱり中国語は分からないですし、ぼったくりタクシーもあると聞いていたので。乗らないで済むならその方が無難だなと思っていました。

でも、このままGoogle Mapも開けないまま彷徨っても永遠にホテルにはたどり着けなかったので、背に腹は代えられず。

多少不安はありましたが、タクシーを利用する事にしました。

タクシー乗り場で待つこと1時間(雨が降っていたのでメチャクチャ混んでました・・・・)

 

やっとこさタクシーに乗車しました。もちろん、英語と日本語は通じない為、必死にスマフォを運転手に見せて、

timco
Please go this hotel! Please!!

 

もう、英語が伝わらなくても必至に身振り手振りで伝えました!

ちなみに、英語が伝わらないとか言っていますが、ぼくの英語力は大したことありません。英検2級です。

 

誰かに、あそこまで意思を伝えたいと思ったのは久しぶりでした。

 

ぼくの必死の身振り手振りで伝わったのが、ホテルの場所は分かってくれたようです

しかし、ここで運転手がキレ始めたのです!

 

名前
你会用出租车前往这家酒店,你在附近吗? 走路!(このホテルに向かうためにタクシー使うのかよ、メチャクチャ近いだろ!歩いて行けよ!)
名前
你为什么从南出口出发? 这家酒店是北出口!(なんで南口から乗ったんだ?このホテルは北口だろうが!)
名前
这就是为什么我不想要不了解中文的人!(これだから中国語が分からないやつは乗せたくないんだ!)

※中国語はあくまで「Google翻訳」で作成した僕のイメージです

 

めっちゃキレてるー!!!正直、ビビりまくってました・・・・

あそこまでキレられることは、日本ではここ最近ほとんどなかったですし、もともとチキンハートな僕。

 

ただ、ここでホテルに向かわずに放り出されるわけにはいかないので

timco
please go! please!

中国語が通じないのに、相変わらず英語で必死に伝えてました・・・笑

何とか走り出してもらい、ホテルに向かってもらった私達。道中も何度かキレられました。

名前
看看那里! 你看到酒店了吧? 我必须跨越一座大桥! 我感到埋葬!(あそこを見ろ!ホテルが見えるだろ?一回、大きな橋を渡らないといけないんだよ!めんどくさい!)

そして、所要時間5分。ホテルに到着しました。

キレてはいましたが、ちゃんとホテルの入り口ドアまで送ってくれました。メーターもちょうどキリのイイ所で切ってくれたみたいです。

優しいのかよくわからない運転手でした・・・

 

今回のしくじりから皆さんに伝えたいコト

みなさん、ぼくたちのしくじりから覚えておいてください

  1. 上海のタクシー運転手は英語は通じません。もしかしたらキレられることがあるかもしれません。
  2. 自分の宿泊するホテルが北口と南口どちらの方面か、かならず確認しておこう
  3. 中国に行く際は「VPN対応」用のwifiルーターを借りること!(大事な事なので2回目言いました!)

 

しくじり④中国と日本の文化の違いをナメていた

交通カードや、wifiルータ、タクシーなど、1日目にして様々なしくじりを経験しましたが、それ以外にも中国と日本の文化の違いを実際に目の当たりにし、いかに自分が文化の違いをナメていたかを実感しました。

ここで、僕たちが1日目にして実感した中国と日本での文化の違いを紹介します。

 

路上喫煙はかなりある、道端にタンを吐く

日本では喫煙できる場所や、路上喫煙はかなり厳しくなってきていますが、上海の駅周辺では喫煙は普通でした。

歩きながら喫煙し、道にタンを吐くおっさん、駅構内に設置されているゴミ箱にタンを吐くおっさん。

勤務中の警察と思われるヒトさえも、タンを吐いてました。

やはり、見ていて気持ちのいいものではありませんよね。

 

電車では降りる人が優先というのは無い

日本では「降りる人優先」というような暗黙のマナーのようなものがありますよね(もちろん守らない人もいますが)

上海では、これがかなり顕著です。

待ってくれる人ももちろんいるのですが、、、印象としては半分以上の方は降りる人を待たずには乗り込んできます。

 

雨が降るとどこからともなく現れる傘売りのおばちゃん

今回、僕たちが行ったときは、駅を出た瞬間からメチャクチャ雨が降っており、駅には人がごったがえしてました.

雨が降ると、どこからともなくオバちゃんが現れて、声をかけてきます。

我卖一把伞!我卖一把伞!我卖一把伞!(傘売っているよ)

電車内や駅構内で絶対に出てきます。

 

雨が降ると、宿がない人は駅への出入り口付近で寝始める

傘を購入するお金がなかったり宿がない人は、地下道の出入り口付近で雨宿りをし始めます

出入り口付近で結構な数の人が寝始めたりしています。警察もいますが、特に注意はしません。

この光景は日本では見られないので、「あぁ、中国に来たんだな」と思った瞬間でした。

正直、怖かったです。

 

まとめ

僕たちの事前の下調べが足りなかった事で起こったしくじり、中国と日本の文化の違いで間の当たりにしたことなど、
1日目にしてかなり濃い経験をしたと思っています。

ぜひ、これから初めて上海に向かおうとしている方達に、このしくじりを見て同じ失敗をしないようにして欲しいです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です