【メルシーポット】赤ちゃん・子供の鼻水吸引の必需品!【レビュー】

merusi-pod




こんにちは、timcoです。

子どもを育てていると、色んなモノが沢山必要になりますよね。

最近、私が子どものために

「これは買って超良かった!」

って心から思う品があるのでブログで紹介させて頂きたいと思います。

電動鼻水吸い取り機「メルシーポット」です。


赤ちゃんや幼児ってよく鼻水をたらしていますよね。

特に赤ちゃんは自分で鼻をかんだりする事は出来ないため、鼻水は出っぱなし。

 

わが家で育てている子どもが生後半年を過ぎ、鼻風邪を引いてしまいました。

 

鼻水で鼻が詰まると、ミルクも飲みづらそうにしているし、夜も深く眠れない・・・見ていて本当に辛そうでした。

 

赤ちゃんもそうですが親も、ミルクの量が減ったり、夜に何度も起きたりするのはとても大変だし不安に思いますよね。

 

そんなときに購入したのが電動で鼻水を吸い取る「メルシーポット」でした。

価格は約1万2千円。正直、安い買い物ではないかもしれません。

timco
鼻水とるのに1万2千円か・・・

正直最初は思いました。

 

でも、「このお金で子どもが楽になるなら・・・!」と購入。

結果、わが家としては現在無くてはならない、大満足の買い物になりました。

大変に感じていた鼻水が、この機械のおかげで子供も親も、身体的も気持ち的にも楽になることができたのです。

前置きが長くなりましたが、実際にメルシーポットを使用してレビューを紹介したいと思います。

メルシーポットってどんなモノ?

今まで子どもを育ててみるまで、今の子育て世界には、こんなものが販売されている事すら知りませんでした。

自分の子ども時代は、特に鼻水吸い取り器なんてなかったし、何なら年中鼻水垂れ流してたガキンチョでした・・・

メルシーポットは、家庭の中で耳鼻科でやるような本格的な鼻水吸引を手軽にする事が出来るように開発された商品です。

様々な通販サイトや、育児系の雑誌にも人気商品として紹介されています。

全国の小児科や耳鼻科でもススメられている商品で、こどもの健康管理や病気の予防の観点から、推奨されているんです。

 

手動で鼻水を吸い取る

ちなみに、鼻水吸い取り器にも電動と手動とがあります。

手動のは「ママ鼻水トッテ」ってというのが有名ですね。

 

子どもの鼻にチューブを差し込んで、親が空気で吸うというもの。

 

お値段的にも安いんですが、友人から

「結構、口で吸うのは大変だよ・・・」

と言われ、購入はしていませんでした。

 

そして、衛生面も気になる・・・

いくら自分の子どもといっても、口で鼻水を吸うので、今度は親が風邪になってしまったら意味がない・・・

そして、この商品名が個人的に好きじゃなかったというの最大の理由があって。

「ママ」に限定しているところ。

timco
別にママじゃなくても、パパが鼻水とってあげるわ!

って思ったので、購入には至りませんでした。

 

メルシーポッドの形状

実際に購入したメルシーポッドがこちら。
正式名称は「メルシーポッド S−503」です。

全体はこんな感じ。

melcypod_001

大きさは、そこまで大きくなくて十分片手で持ち運びが出来るサイズ。

 

わが家では、赤ちゃんを片手抱っこであやしながら準備しちゃってます。

 

あとは、各部品がそれぞれ取り外しが出来るようになっていて

 

  1. 電動吸引する部分水を入れておいて、吸った鼻水を貯めるポッド
  2. 吸い取るためのチュープ
  3. 先端の鼻に突っ込むチューブ
melcypod_002

 

電動吸引機以外は、外して丸洗いする事ができるのでとても衛生的ですよ。

 

実際にメルシーポッドで鼻水を吸い取ってみてどうか?

実際にメルシーポッドっで鼻水を吸い取った感想ですが、

正直、、、クセになります笑 めっちゃ気持ちいいです!

もちろん、子どもにとっても親にとっても鼻水は無い方が良いのは当然ですけど、あんだけ気持ちよく取れると気分が良いです笑

 

 

ズゴココー、ズゴココー、ズゴー!

 

って吸い取れると、何か快感を覚えます。

子どもの鼻水に悩んでいる時間が長い方こそ、強く感じるはずです。

 

 

そして、大量に取れた鼻水を見て

timco
こんなに溜まってたのか・・・そりゃ辛くて泣くわ。

と感じる事が出来ると思います。

 

メルシーポッドのデメリット

デメリットですが、私はこれといって欠点はないかなぁと思ってます。

強いてあげるなら価格くらいですが。。

現在のところ費用対効果は期待以上ですし、特にこれといって不満な点はありません。

購入して3ヶ月ほど経ちますが、現在のところ問題なく動いてくれています。

毎回洗う必要がありますが、水でさっと鼻水を流すだけで良いので、そこまで手間でもありません。

 

メルシーポッドの使用する際の注意点

メルシーポッドを使う際の注意点は、なんといっても子供の鼻に突っ込み過ぎないことです。

 

こども、特に赤ちゃんは鼻の中の粘膜が本当に傷つきやすいので、すぐ血が出ちゃいます。

 

それも計算してか、メルシーポッドの吸引機の先端のキャップは、わりかし大きめに作られている印象です。

もしかしたら、鼻の穴が小さめのお子様の場合は取りづらいかもしれません。

鼻の穴が細めのお子様の場合、別売ですが細めバージョンのキャップも販売してます。

 

実は僕んちも購入して、子供に使ってみたのですが、細くて逆に入り過ぎちゃって、少し鼻から血が出てしまって・・

それからは怖くて使用していません。

 

吸い取ってる間は泣く

言っておきますが、鼻水を吸い取っている間は子供は暴れます笑

そこは覚悟しといた方がいいです。

なので年齢が小さくて、子供が暴れてしまう場合は、出来れば夫婦二人で子供を固定してから吸引することをオススメします。

 

うちの子の場合はまだ0歳児ですが、固定している僕の足をめっちゃキックして逃れようとしますよ笑

ただ、吸い取った後は、子供も鼻づまりが解消されて気持ちよくなるのか、すぐ泣き止みます。

 

まとめ

鼻水はそのままにしておくと、副鼻腔炎になってしまう恐れもあります。

決して放ってはおけません。

病院で毎回吸引してもらうのも、時間もお金もかかります。

そんなの、子供ももちろんですが親が、特にお母さんが疲れてしまうじゃないですか。

 

それが決して安い買い物ではなかったですが、メルシーポッドを購入することで、鼻水を取る苦労から解放されました。

もし、現在同じようにお子さんの鼻水でお悩みの方がいれば是非、使ってみて欲しいです。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です